自分のスキルに自信がある人は、人材紹介ではなくスカウト会社へ

リクルートエージェントやマイナビエージェント、パソナキャリア、などの大手から、数人で運営している小規模まで人材紹介会社は数多く存在します。転職を検討する際、人材紹介会社だけでなく、スカウト・ヘッドハンティング会社にも連絡をとってみることをおすすめします。

ただし、自分のこれまでのキャリア(実績、経験)に自信がある方へのおすすめです。スカウト・ヘッドハンティング会社は、人材紹介会社が持っていないようなシークレット求人を多く持っています。また、経験したワタシの感覚上、スカウト・ヘッドハンティング会社経由でのオファーはそれなりに良いものです。

ここからは、ヒトによる、ということも多分にあるかもしれませんが、人材紹介会社のコンサルタントさんよりも、スカウト・ヘッドハンティング会社のコンサルタント(エージェント)さんのほうが、成約(つまり、転職・移籍決定)したときに、求人企業から支払われる報酬が高くなる傾向があるため、非常にフォローが手厚いです(笑)

「求職者」を相手にした接し方をする人材紹介会社と違い、「ヘッドハンティング候補」として接してくれるため、キャリアへのヒアリングはもちろんのこと、どういう転職先を探しているのかというヒアリングはせずに、どういう人生を歩みたいのか、という人生のゴール・理想を共有した上で、求人企業を紹介してくれます。

当然、スカウト・ヘッドハンティング会社は、会ったヒトがそれなりに実績がないと、相手にはしてくれないはずですが、
「自分はこれまで多くの成果を出してきた!」
「自分のビジネススキルは高い!」
と自信がある方は、一度連絡をしてみるのが良いです。

28歳フリーター今からでも就職できる!おすすめ就職相談サービス

カレーライスの思い出

こんにちわ。
暑い日が続きますが皆さんいかがお過ごしですか。

本日は私はお休みだったのでカレーライスを作りました。
今日はカレーの日です。

小さい子供から大人までみんな大好きカレーライス。
私もカレーは大好きです。

しかしながら私は寂しいお一人様。

普段、仕事しているのでカレーライスを作る機会はほぼありません。
なぜなら作ってしまうと多過ぎて食べきるまでに時間がかかりますし、冷凍してしまったりすると味が落ちてしまい、そのカレーを食べるのはあまり好きではありません。
少しだけ作るとは分量上なかなかいかないのです。

このカレーライス、思い出があります。

私には妹がおりますが、私の妹はご飯が嫌いでおかずだけ食べるという習性があります。
ですからカレーだけ食べると事をするのです。

私が中学生の頃、部活から帰ってくると、「今日はカレーよ」と母親が言うので台所へ行ってみるとカレーが全くありません。
ご飯だけが炊飯器で炊けているのです。

カレーがあった形跡も全くないので、妹に問い詰めると、どうやら1人でカレーだけ食べてしかも、証拠隠滅のため鍋も洗って伏せておいたらしいのです。

さすが下の子はずる賢い。
その日は冷蔵庫にあった納豆で我慢させられました。
食べ物の恨みは恐ろしいですよ。

今日は自分で作ったのできちんと食べれます(笑)
ではまたね!

もう葉桜になり、季節は廻っていきます。

桜の名所の大通りが散歩コースになっています。桜の開花から、3分咲き・5分咲き・満開と楽しんできました。久しぶりに大通りに行ってみたところ、すっかり桜も散ってしまい、葉桜になっていました。桜の盛りはあっという間に過ぎてしまいますね。どんどん季節が変わっていきます。桜が終わってしまうと、ご近所の藤が咲き始めました。高い木の枝に、何か赤い色のものが・・と、見上げてみたら、アメリカハナミズキのつぼみが開きかかっていました。桜も好きですが、これから咲いていく花々もとても楽しみです。その時々に応じて散歩コースを変えていきます。これからはご近所の藤、並木のアメリカハナミズキの咲き具合がチェックできるコースを歩くことにしましょう。我が家に庭はないのですが、ご近所のこれからの花々を楽しみに、花探訪の散歩を楽しんでいきましょう。四季のある日本って、多種多様な花々が楽しめて、素晴らしい国ですね。これからはさわやかな散歩に最適な季節になります。

フラワーアレンジメント体験に行ってきました

今日はフラワーアレンジメントの体験に行ってきました。
前から興味はあったんだけど、なかなか機会がなくて・・・。
会社の先輩が最近行き始めたらしく、紹介してもらいました。

今回は体験なので、お花も用意してあって、見本はあるものの、
自由にやってくださいといったものでした。
スポンジみたいなものにお花をさしていくだけなので簡単なんだけど、
綺麗に飾ろうと思うとけっこう難しい。
性格も出ますね。
迷いなく、どんどんやり進める人もいれば、
ああでもないこうでもないと考えすぎて手が止まっちゃう人も。

途中で先生が手直ししてくれたので、なかなか素敵な仕上がりになりました。
今回やってて気づいたのだけど、お花って癒し効果がありますね。
なんかやってるうちに不思議にリラックスした気持ちになったんです。
アロマ(天然のやつね)も同じ気分になるですよね。
なんか心地よくなるというか。そういう体質なのかな?

楽しかったのでフラワーアレンジメントも習ってみたいけど、
けっこう月謝が高いんですよね。
ちょっと考えよう。

街コンでの体験

1723c07dae52bbf7170d6d6004723f04_s

婚活って、歳のいった方が参加するのかなと思っていたので、あまり積極的に参加したいなとは思っていなかったのですが、友人に誘われて最初は仕方なく、軽い気持ちで街コンに行ってみることにしました。私は20代なのですが、友人が誘ってくれた街コンは20代限定のものでした。20代限定の街コンでは、本当に婚活!という方もいれば、私のように誘われたからなどといった気楽な感じできている方もいらっしゃいました。なので、そういう方とは結構楽しくお友達感覚で話をしました。会場では司会者の方が仕切ってくれたので、人見知りな私でも話しやすかったし、ゲームなどもして和気藹々とした雰囲気でした。飽きたなと思ったら、移動したりしながら、女の子とも友情の輪が広がったような感じがしてすごく楽しかったです。今回はあくまで、結婚をしよう!という感じではなかったので、何名かの方とお友達になったくらいでしたが、きっとこうやって輪を広げていくなかで、素敵な方との出会いもあるのかもしれないなと思います。こうやって年代ごとに分かれて開催していると、みんな同世代なので安心して参加できるなと思いました。また機会があれば自分からも参加してみたいなと思いました。

ちょっと遅すぎる母の日

昨日、祖母が私の家にやってきました。その目的は、うちの母親からの母の日のプレゼントを受け取るためです。
祖母と母親は、嫁姑の関係で、血はつながっていません。けれども、とても仲が良く、毎年母の日になると、こうして贈り物をしているのでした。
さて、母親が今年祖母にあげたのは、鮮やかな青色の紫陽花。花が好きな祖母のリクエストで紫陽花になったのですが、その色はとても鮮やかで、活き活きとしていました。母親に訊けば、わざわざ、花屋さんで取り寄せてもらったとのこと。ここのところ忙しい祖母のせめての心の慰めになれば、と、私と母親は祖母の到着を待ちました。
やってきた祖母は、紫陽花を見てとても喜んでくれました。祖母の電話での指示に従って母親が管理していたので、買ってから数日経ちますが、紫陽花はまだ活き活きとしています。祖母はにっこりと微笑んで言いました。
「こんな綺麗な紫陽花がもらえて、嬉しいわ」
紫陽花の鉢を持って帰って行く祖母の後ろ姿は、とても嬉しそうでした。そして、それを見送る母親と私も、祖母に喜んでもらえたのが嬉しくて、始終にこにこしていました。

祖母について

大学進学とともに地元を離れて、もう10年以上。
同じ家に住んだことはないけど、私はおばあちゃん子です。祖母は大好きだし、尊敬しています。

祖父が亡くなってから、父方の祖母も母方の祖母も、それぞれ一人暮らしをしています。
私が初めて一人暮らしをしたのは、大学3年の時、寮を出てマンションを借りた時です。

出かける時も帰ってきた時も家に誰もいなくて、部屋に明かりも点いてない、ということが、こんなにも寂しいと初めて知りました。

ご飯を作っても「美味しい」とか「味薄かったね」とか「ちょっと失敗した?!」とか、言い合う相手もいないということ。
1人分を作るのは、野菜を使い切るのが意外と難しいということ。
そもそもなんだか味気ないということ。
私は割と気軽に友達に連絡して、外で一緒にご飯を食べたり、飲みに行ったりできるけど、静かな田舎で一人暮らししている祖母の生活を思うと、ちょっと切なくなりました。

それから、私は祖母と「1人暮らし」という共通点が出来、以前よりもっと精神的な距離が近くなった気がします。

お盆や年末に帰省した時は、「誰かと食べるとこんなに美味しいんだねぇ!いつも1人だから、なんかつまらないし、味気ないんだよね?。」というと、祖母も「そうそう」と笑っています。

なかなか頻繁には帰省できないけれど、祖母の時々の楽しみになればと思って、季節感のあるポストカードを見つけた時や、旅行した先からは出来るだけ祖母に手紙を書くようにしています。
長生きしてほしいなぁ。

お菓子作り大好き♪

今朝からずっと雨が降っています。雨降りは憂鬱だって言う友達もいるけれど、家でゆっくりできるので集中して作業ができたりして私は意外に好きだったりします。
ここ数日ちょっとしたお客様が多くて買い置きのお菓子が無くなってきたけど、雨の日に車を運転をするのは苦手なので午後のおやつは久しぶりに手作りすることにしました。おやつを食べないという選択肢は私にはないので、家にあるものだけを使って簡単に出来て後片付けも楽なスコーンを作ります。ホットケーキミックスに、板チョコ・レーズンやナッツなどその辺にあるものを刻んで混ぜて焼くだけで美味しいスコーンの完成です。自分で作れば砂糖や油の量を調整できるので、ダイエットしてる時もちょっとは安心できますからね。
そんな訳で今日のおやつはカフェオレとスコーンです。サクサクのスコーンにまったりカフェオレでしばしのリラックスタイムを過ごしたら、今度は晩御飯作りが待ってます。料理をするのは大好きだけど、毎日毎日献立を決めるのってすごい苦痛です。誰でもいいから、毎週献立表作って私に届けてくれないかしら?

恋愛しなくなった大学生たち

最近の大学生は恋愛しなくなったと聞きます。その意見に対して私なりの考えをまとめてみました。大きく3つの考えがあるので一つ一つご紹介したいと思います。
1つめは「人間関係」です。厳密に言えば、人付き合いが上手ではないという事です。大学生には学校内、サークル、アルバイト先などで様々な人と出会う機会があります。そこで知り合った特定多数の仲間と繋がっていれば、特別な異性を選ばなくても良いという考えがあるのではないでしょうか?特別な異性を作ってしまうと、その他大勢の仲間と付き合う時間が無くなり、グループから疎遠になることを恐れている所があるのではと思います。

2つ目に「恋人の存在価値」です。筆者の学生時代(10年程前)は、恋人の有無が一種のステータスであり、性に纏わる話題が、コミュニケーションツールの一つでもありました。しかし、昨今の性に対しての個人的見解は、かなり隔たっており、自身に異性への興味がなければ、周りの話題にも乗らず、触発される事もないため、恋人を作ろうという気が起きない、といった具合です。

3つ目が「異性への関心」です。2つ目で触れました、自身に異性への興味がない=自分の趣味にしか興味ない、とも解釈出来ます。2次元(アニメ)、3次元(3D技術)の発展により、生身の人間に興味を持たない人すら出てきています。ひいては異性に対し、恐怖心の反応をする人も見受けます。

大学生になる事で、小、中、高校生時代に潜在させていた思いが解放され、極端な思考、行動に走ってしまいがちになる傾向があると思います。恋人を作る事の必然性は人の価値観次第で、もちろん強制ではありません。出会いが欲しい人は外に出たり、ネットの出会いサービスを使って異性との出会いを増やしていけばいいと思います。逆に異性との出会いを作る必要がないと感じるなら大いに結構な年頃です。しかし、社会人に上がった後にも、その極端な思考が尾を引いてしまい、不利益な思いをすることのないよう、異性に対しての接し方を学ぶ事も、大学生には必要な科目ではないでしょうか。

GWはどこに出かけよう

昨日からGWですね、主人の休みが2日間ありますので家族みんなでどこにでかけましょうか?
色々なところでイベントがあってどこに行くか悩んでます。
1番近いところでしたらキャラクターショーをやっていて、ジュウオウジャーや仮面ライダーゴーストをやっています。
動物園や水族館もいいですし、色々調べたら大阪のATCホールでトミカ博もやっているので、我が家は男の子2人になりますので、そちらもいいなと思ってます。
この間、INAC神戸の招待チケットもいただいていて、そちらにいってもいいなと考えてます。
前半の天気は良さそうですが、後半はどうでしょうか?
まだまだ天気が変わりやすいのでできるだけ晴れてくれたら素敵なGWになるのですが・・・
我が家は男の子2人なので男の子が好きそうなイベントでいいのでちょっと楽だなぁと思ってます(笑)
女の子もいると女の子も楽しめるイベントを探さないといけないので大変だなぁと思っています。
みなさんはGWはどうすごしますか?
子どもたちと楽しいGWになるといいですね。